マニュアル作成は外部に頼むと良い【品質の高い仕様書の作成が可能】

Menu

権利に気をつけて使う

音符

店舗で使うには

店舗で流すbgmを探していて、youtubeによい音源を見つけた方は、そちらを使おうと考えるかもしれません。しかし、そのアップロード元が公式や非公式にかかわらず、著作権があるbgmを使うのはやめておきましょう。不特定多数の方が訪れる店舗で、youtubeにアップロードされているbgmを使ってしまうと、著作権違反になってしまいます。もしも、著作権違反をせずに、youtubeのbgmを使いたいなら、作曲者がフリーで提供してくれているものを使いましょう。フリーならば著作権を気にせずに使えるため(条件がありますが)、店舗で使っても問題ありません。ちなみに、クオリティが高いbgmを使いたいなら、youtubeに頼るのではなく、業者にオリジナルでbgmを作ってもらうこともできます。新しく作ってもらった曲ならば、著作権は一切関係ありませんので、自由に店舗で流しても大丈夫です。なお、有名な曲を店舗でbgmとして問題なく使いたい場合は、有線放送タイプの音楽サービスを活用しましょう。有線放送ならば、youtubeで流行っているようなプロのbgmも利用できるため、望み通りの選曲ができるはずです。ただし、費用の節約を考え、安価で契約できる個人用の有線放送のほうを使ってしまうと、著作権違反になってしまいます。店舗で使えるビジネス用の有線放送がきちんと用意されているので、権利をクリアにした上でbgmを使わせてもらいましょう。

Copyright© 2018 マニュアル作成は外部に頼むと良い【品質の高い仕様書の作成が可能】 All Rights Reserved.