マニュアル作成は外部に頼むと良い【品質の高い仕様書の作成が可能】

Menu

見本市を成功させるには

展示会

不利な場所でも大丈夫

日本で開催されている展示会の殆どは、見本市としての意味合いが強いとされています。企業が扱う製品を紹介すると共に、顧客の意識や消費動向を調査することも重要な目的とされています。国内では、毎日のように大小の展示会が開かれていますが、限られた日数内に、如何に多くの来場者を獲得できるかが成功の秘訣とされています。そのためにも、会場のブース設定のレイアウトが大きな鍵となります。展示会会場は、コマ割りがされていますが、どこのブースを割り振られるかによって、展示レイアウトも大きく変える必要があります。展示会会場は、その規模が大きくなるほど有利な場所と不利な場所に差が出ることになります。ブース列の角に位置しているコマや、休憩所に近い場所は比較的人が足を止めやすいとされていますが、ブース列の中央に位置するコマは、来場者が通り過ぎてしまう傾向があります。展示会のコマ割りは、抽選となることが殆どなので場所取りをすることはできません。当てがわれたコマの中で如何に来客に足を止めてもらうかの工夫がポイントとなります。ブース列の中央に位置するコマであっても、展示レイアウトを工夫することで、多くの来場者が足を止めてくれたという事例もあります。そのような工夫を凝らせるブースでは、人の心理に働きかける展示を行っている場合が殆どです。派手な展示物を用意していなくとも人が集まるブースには、そのような専門性の高い工夫が凝らされているのです。不利な場所を有利な場所に替えるためには、展示会のプロが力になってくれます。

Copyright© 2018 マニュアル作成は外部に頼むと良い【品質の高い仕様書の作成が可能】 All Rights Reserved.